ビジネス書、お金に関する本、ネットビジネスの技術系の本や教材を紹介します。

ビジネス 勉強堂

SIRIUS ドロップシッピング

SIRIUSでもしもドロップシッピングのサイトを作る 準備編

更新日:

 とにかくSIRIUSを選んだので、これで顔晴ってみる

SIRIUSご購入リンク

 おはようございます。

 神谷です。

 今まで何度も書いてきたことですが、ドロップシッピングである程度まとまった収入を得るとなると、ショップできすぎくん30店舗ではちょっと心もとない。

 もしもDSの某セミナーでも「ショップできすぎくん」の次としてWordPressの講座を紹介しています。

■ コスト

 オールマイティプロは、約5万円と価格が高い。

 もしもドロップシッピング用のWordPressのテーマは、SIRIUSとほぼ同じ。

■ メンテナンス

 オールマイティプロは不明。

 WordPressは、データベースを使うのでサイトを増やすとき気を遣う。さらに、WordPressやプラグインのアップデートなどでメンテナンスが少し面倒。

 SIRIUSはデーターベースを使わないので、ディスク容量さえあれば、幾つでのサイトを増やせる。

■ 使い易さ

 オールマイティプロは、もしもアプリを使えるようなのでかなり便利そう(しかし、価格がネック)

 WordPressは不明。

 SIRIUSは使い方の動画説明があって、それを見るとかなり使い易そう(しかし、もしもAPIの取り込みがまだ不明)

 などなど検討してまして、私はSIRIUSを選んだわけです。

 もしかすると、WordPressや、オールマイティプロと言った製品の方がいいかもしれません。

 実際にそれらの製品を購入して、比較する時間もお金もないので、とにかくSIRIUSでもしもドロップシッピングをやっていく方法を綴っていきます。

 もしブログの記事を読んで、「SIRIUS良さそうじゃん」と思っていただけたなら、このブログからのリンクでご購入して頂くと、私は、喜びに悶えてしまいます。

 もしもドロップシッピングの何に使うか

ショップできすぎくん

 ドロップシッピングの集客方法として、SEOとプロモーション広告があります。

 SEOが商品属性などを考えてじっくり時間をかけて、複数の商品を取り扱っていきます。

 しかし、プロモーション広告を使っての集客は、単発の商品で、Yahoo!の広告からダイレクトに集客を狙います。

 ということで、単品のサイトをショップできすぎくんで作っていたら、できすぎくんのサイトが30くらいじゃ、全然足りません。

 ということで、単品の商品を扱うショップを量産するために、SIRIUSを使っています。

 「なぜ単品?」と疑問があるでしょうが、それはおいおい説明します。

 まずは、サーバを借りようぜ

 SIRIUSですが、ホームページを作るツールとしてはどうか。

 一言で言うと、

 「かなり使い易い」

 アフィリエイトサイトを作るにはいいですよね。

 WordPressも悪くないのですが、アフィリエイトサイトにデータベースはそんなに必要じゃないんじゃないかと思います。

 SIRIUSは軽くていいです。

 データベースを使いませんから、レンタルサーバー代もかなり節約。

 『ロリポップ!レンタルサーバー』で言えば、コロリポプランで十分。

 コロリポプランは、100円/月ですよ!!

■ 容量:10GB

■ マルチドメイン:20

■ サブドメイン:マルチドメインごとに、10

 10GBもあれば、ショップ作るに容量で心配することは全然ありません。

 そして、マルチドメインとサブドメイン合わせて200サイト作れます。

 200サイトも作れるんです。

 ドメイン取得料はかかりますが、サーバー代100円/月ですよ。

 ペットボトル1本にもなりません。

 コロリポプランでは、WordPressサイトは立ち上げられませんが、はっきり言って、ドロップシッピングをやるのに、WordPressは必要ありません。

 極端ですが、ドロップシッピングで売上を上げるのに、WordPressの知識は一切必要ありません。

 WordPressの勉強をすることは悪いことではありませんが、ドロップシッピングの売上とは一切リンクしません。

 売上や収益の最短距離を走るなるなら、WordPressに引っかかっている暇はないんです。

 WordPressが悪いと言っているのではありません。

 WordPressは自由が効いて素晴らしいのです。

 しかし、多くのドロップシッピングをやっている方は、キレイなサイトを作りたいのではなく、収益の上がるサイトを作りたいのです。

 ですから、ドロップシッピングを継続するにあたり、

■ ツールの勉強は短ければ短いほどいい

■ メンテナンス、保守に時間がかからない方がいい

 のです。

 この記事の最後に、SIRUIS(シリウス)でもしもドロップシッピングの基本的なショップをつくる方法の記事をリンクしておきました。

※ もし記事がお役にたてて、「サーバーをレンタルしよう」ということになったのなら、下記のリンクからお申込みいただけると、神谷はかなり喜びます

シリウスはこちらからどうぞ

【通常版】次世代型サイト作成システム「SIRIUS」

【上位版】次世代型サイト作成システム「SIRIUS

 


 

『SIRIUS(シリウス)でもしもドロップシッピングのショップを作ろう 』基礎編シリーズ

SIRIUSでもしもドロップシッピングのサイトを作る 準備編1

SIRIUS(シリウス)でもしもドロップシッピングのショップを作ろう ①

できすぎくんで自動的にできるパーツについて-SIRIUS(シリウス)でもしもドロップシッピングのショップを作ろう ②

ヘッダーメニューを作る-SIRIUS(シリウス)でもしもドロップシッピングのショップを作ろう ③

屋号を入れる -SIRIUS(シリウス)でもしもドロップシッピングのショップを作ろう ④

サイドバーに支払方法・配送を入れる -SIRIUS(シリウス)でもしもドロップシッピングのショップを作ろう ⑤

カートボタンを設置する -SIRIUS(シリウス)でもしもドロップシッピングのショップを作ろう ⑥

-SIRIUS, ドロップシッピング

Copyright© ビジネス 勉強堂 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.