ビジネス書、お金に関する本、ネットビジネスの技術系の本や教材を紹介します。

ビジネス 勉強堂

スピリチュアル

週に一回新しいことをする:初めてのラーメン屋に行く

投稿日:

こんにちは、神谷です。

ホップステップジャンプ

ふと自分の生活を振り返ってみると、ほぼ引きこもり状態。

 

あるところから、

一週間に一度、小さめの新しいこと、

一カ月に一度、中くらいの新しいこと、

一年に一度、大きめの新しこと

をすると、新しいものにチャレンジする力がつくとのことなので、さっそく週に一度レベルの新しいことの挑戦ということで、気になっていたラーメン屋に突撃することにしました。

ラーメン

濃厚鶏白湯 ラーメン

どうも、「あっさり」と「濃厚」があると「濃厚」を選んでしまいます。

 

味は、普通ですね。

 

麺は細麺。

 

う~ん、鶏系の普通の味としか言いようがありません。

 

もういい歳なんですから、「濃厚」ではなく「あっさり」に切り替えないとだめですね。

最後は、食べ飽きてきました。

 

結構もたれる感じもあり、後味も今一つ。

 

ラーメン的にも、次に訪れることはないでしょう。

 

でも、初めてのラーメンが食べられたので、きっと今まであまり動かなかった脳の一部が動いているんじゃないかと思います。

お店

不安

新しいお店って怖いですよね。

 

誰だって、せっかくお金を出して食べるのですから、美味しいものがいいですよね。

 

この店のある場所って、いろいろな飲食店ができたのですが、次々に廃業しているんです。

ですから、この店もどうなのかなぁ~・・・という感じで、食べに行く気になりませんでした。

 

しかし、今回は、「新しいことをやる」ですから、まずくても、それはそれで新しい刺激だ!ということで、迷いはありませんでした。

 

新しい体験1

店長らしき人が東南アジア系の方でした。

 

従業員の方が、外国の方というのは、そんなに違和感がないのですが、実際にラーメンを作る方が、外国の方のというのは経験がなく斬新でした。

 

ラーメンを作っている間も、従業員のおばちゃんとずっと会話しています。

暇なときはいいけど、作っている最中はしゃべっていてほしくないですねぇ。

 

新しい体験2

店には一人だったのですが、あとからお客さんが一人は行ってきました(70歳代くらいかなぁ)。

 

それも、500mlの缶チューハイを持って。

 

このラーメン屋さんは、お酒も出すので、いきなりオキテ破りです。

 

そして、食券制にもかかわらず、口頭で注文。

 

店長らしき人も、納得した感じで応対していました。

 

常連なのか・・・

 

新しい体験3

なんと、そのおっさんが話しかけてきます。

 

それも、

「ラーメン美味しいですか?」

 

え”!、あなた常連じゃないの?

単に、「私の感想」を聴きたかったのでしょうか?

 

そして、質問は次々に、

「どんな仕事しているの」

「近くのラーメン屋っていいよね」

「実はこの店の内装やったんだよ」

 

私は全部生返事です。

 

もう、落ち着いてラーメンを食べていることもできません。

 

そうそうに、店を出た次第です。

 

最後に

確かに、引きこもっていてはできない体験でした。

 

「美味しいラーメンを心地よく食べた」

 

という体験はできませんでした。

しかし、経費780円で新しい体験はそれなりにできたと思います。

 

きっと、今まで脳の鈍かった部分に刺激を与えてくれたことでしょう。

 

・・・・そう信じたい。

 

-スピリチュアル

Copyright© ビジネス 勉強堂 , 2019 All Rights Reserved.