ビジネス書、お金に関する本、ネットビジネスの技術系の本や教材を紹介します。

ビジネス 勉強堂

仕事術 ドロップシッピング

人のできないこと、人がやりたくないことをやる 『10年後も食っていける人は、どっち?』 竹内謙礼

更新日:

『10年後も食っていける人は、どっち?』 竹内謙礼

 おはようございます。

 神谷です。

 竹内謙礼氏の10年後も食っていける人は、どっち? (中経の文庫)』を読み直していて、これは忘れたくないという事を書きとめておきたいと思います。

 「できること」「やりたいこと」をビジネスにするビジネスモデルはお金儲けにならない

476b96bf30fd7e57ec065d154c23bfac_s

 「できること」と「やりたいこと」に、お金儲けの話はないと思ってほしい。

 自分にできることは、他人にもできるし、自分がやりたいことは、他人もやっぱりやりたいことであるケースが多い。

 そのようなビジネスモデルは、参入障壁が低く、すぐに競合が入ってくるので、必ず値引き合戦、広告費合戦になってしまう。

 それよりも、自分が「できないこと」「やりたくないこと」から新規事業を考えていく方が、ビジネスとして10年稼ぎ続けられる確率が高いといえる。

 こう聞くとちょっと絶望的な気持ちになります。

 だって、ネットビジネス、自分のやりたくて、自分にできることだと思って始めてしまいました。

 竹内謙礼氏的に言えば、ダメなんじゃないかと。

 でも、ネットビジネスで成功している人もいる。

 という事は、「できないこと」「やりたくないこと」には2種類あるのではないかという事に気付きました。

 ビジネスモデルとして、人には簡単にできない事、やりたくない事。

 もう一つは、あるビジネスモデルの中で、人には簡単にはできない事、やりたくない事。

 ハッキリ言って、どちらのビジネスも簡単ではないです。

 「そこまでやるの?」「ハイ、成功した買ったら、そこまでやるんです」

 たまたま、後者のビジネスモデルに入ってしまったのなら、その中で、普通の人が、

 「えー、そこまでやるの」

 「それはムリです」

 という事を愚直にやっていくことですね。

 ドロップシッピングで、いい商品が見つからないという前に、すべての商品をチェックしたのか(数十万点あるのですが)。

 「そんな数の商品数何てチェックできない」

 と思った瞬間に、チャンスを逃がしている。

 ドロップシッピングで成功した人が、「こうやったほうがいいんじゃない」と言ったことは全部やる。

 普通の人はそこまでやらない、だから、成功者の数は絞られてくるのです。

 あなたが成功したかったら、どちらかを選びましょう。

 どちらの道にも、平たんな部分はありませんが。

 ご購入の際は、こちらからどうぞ。

 

 

-仕事術, ドロップシッピング

Copyright© ビジネス 勉強堂 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.