ビジネス書、お金に関する本、ネットビジネスの技術系の本や教材を紹介します。

ビジネス 勉強堂

仕事術

『今やるひとになる40の習慣』 林修

投稿日:

『今やるひとになる40の習慣』 林修

 おはようございます。

 神谷です。

 この「いつやるの?今でしょ!」の林修先生の本に、これは大切だという一節があったので、このビジネス勉強堂で紹介したいと思います。

 努力はベクトル量だと考える

000636

 最近、この言葉が身に染みています。

 意味を自分なりに考えると、

 正確な努力が最短の道を進む。

 目標達成には、正しいやり方で努力すること。

 明後日の方向に向かうような努力は、まったくのムダ。

 正確さと努力の量が努力の結果となる。

 

 う~ん、あまりうまく言えてないなぁ。

 ここで私が言いたいことは、

 「一人で努力しても、正確な道を進むのは難しい。早く目標達成するには、適切なアドバイスが必要」

世の中で努力している人の大半は、前人未到のものを目指しての努力という事はないと思います。

 既に経験ある人のアドバイスによって、できる限り「正確な努力」をすべきなんです。

 人生で何が一番大事かって、やっぱり「時間」なんだと思います。

 プライドや、お金のことを気にして、アドバイスをもらわないのって、損だと思うのです。

 不滅のホームラン王、王貞治さんは、

 「努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力とは言わない」

 と言いましたが、この場合の努力は、量と質両方を現していると思います。

 王貞治さんも、荒川さんというコーチがいて、努力した結果、ホームラン王になったのですから。

 この時代、師匠も石玉混合

3e6d9146d4c142db3a0859a2627c7988_s

 とはいえ、この時代、変な師匠に付くと目も当てられない・・・・という事もないと思うのです。

 生涯納税日本一の斎藤一人さんも言っていましたが、

 「人間、痛い目に合って始めて覚える」

 この渾沌とした世の中に打って出ようと思うのならば、多少痛い目を見る覚悟も必要ですね。

 悪いのは、行動を止めること。

 悪いのは、何でも一人で考えること。

 最近は知りませんが、私が子供の頃は、一つの技を身に付けるのには、かさぶたの何個も作ったものです。

 がんばって、自分の正当な努力を見つけていきましょう。

 林修先生の、『今やるひとになる40の習慣』はこちらからどうぞ

やじるし2

 

 

-仕事術

Copyright© ビジネス 勉強堂 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.