ビジネス書、お金に関する本、ネットビジネスの技術系の本や教材を紹介します。

ビジネス 勉強堂

ネットビジネス技術編

WordPressサイトで構造化データのエラーが発生でアクセス激減する。

投稿日:

おはようございます。

神谷です。

最近WPで作成したサイトのアクセスが減ってきた、それどころか堅持していた、キーワードの順位が下がってきたという方、

ここをチェックしましょう。

 WordPressユーザー要注意!〜構造化データのエラーでアクセス激減
http://rentalhomepage.com/updated-author/

私は、当該サイトを含めて見事にやられていましたorz。

という事で、上記のサイトにある対策方法で、

function.php

を修正する方法を採用しようと思ったのです。

しかし、このファイル、修正を間違うと、ログインもできなくなるというとんでもないファイル。

バックアップは必須です。

という事で、バックアップを摂ろうとしたのですが、WPの管理画面からは、当該ファイルにアクセスできるのですが、

※「外観」→「テーマの編集」→使用しているテーマを選択→テーマのための関数(functions.php)となります。

 しかし、バックアップを取るために、FTPでアクセスしても、functions.phpの場所が分からない。

 調べてやっとわかりました。

 /「サイトのルート」/wp-content/themes/「テーマ」

 の配下に、functions.phpは有ります。

 これを、FTPソフトで、自分のローカルにバックアップしておいてから、WPのエディターを使って変更しましょう。

 ログインできなくなっても、FTPでバックアップを元に戻せば回復するはずです。

-ネットビジネス技術編

Copyright© ビジネス 勉強堂 , 2019 All Rights Reserved.