ビジネス 勉強堂

ビジネス書、お金に関する本、ネットビジネスの技術系の本や教材を紹介します。

*

ドロップシッピング研究所 対面講座(12/7) / 各ページで異なるキーワードを上位表示させる

   

 

 こんにちは、神谷です。

 2013年12月7日のドロップシッピング研究所の対面講座に参加してきました。

 13:30~17:50までフルの参加で、かなり頭に疲労が・・・

 備忘録的に、記事を書きます。

 商品の探し方

商品探しは苦手なところですが、商品探しのコツを改めて学びました。

 商品の探す場所。

1. もしものページの上の方の真ん中にある、スライドしている部分

2. もしものページの左サイドの「新入荷おすすめ(火曜日更新)」

3. 特集カレンダー

 この中から、下記にしたがって探してみる。2.は火曜日にチェックを忘れないように。

 

1.商品を見ながら、同時にその商品のキーワードを探す。
 ⇒商品を決めたら、その商品名をGoodKeywordで調査する。
  商品名で検索されていたら、商品名で広告を出稿することが有効。

2.検索されている商品名キーワードを探す。
 ⇒1.をクリアしたなら、商品名と複合して検索されているキーワードを探す。「~とは」とか「~の使い方」などは、購入のためのキーワードではない。購入につながるキーワードをリストアップする。

3.競合の数と価格をチェックする。
 ⇒広告の競合が10個以下のものがねらい目。

 もしチャレを受講していると、検索されているおススメのキーワードを紹介してくれる。

※ 以前受講していたときは、そんな使い方に気が付かなかった。 ある程度、わかってくると、もしものページには役に立つ情報がいっぱい。

 それをこなすだけの実力がないとダメと言うことなんですね。

 それには、セミナーなどに出て、情報やノウハウをどんどん吸収することが近道ということが改めてわかりました。

 

 この話は以前にも説明を受けたことなのですが、この短い文章には、商品探しのいろいろな要素が入っていました。

 実際に、このプロセスで商品探しをやって、発生した疑問を奥成さんに質問することでさらにわかっているのでしょうね。

 商品探しがうまくいかないと思っていながらもこの基本が守れていなかったことに気が付きました。

 「全然知らない商品を売ることができるのか」という疑問もありますが、キーワード広告を使えば、標品ページの変更はほぼすることなく、売ることが可能ですね。

 この手法は、スピードがカギだと思います。

 キーワード広告

 どうもこれが苦手です。

 商品の10%が広告費、上達しても8%はかかる。

 ドロップシッピングの利益って多いものでも、10%ちょっとです。

 その利益率に文句を言うわけではありません。

 実際発送やクレーム処理をやってくれるのですから。

 ただ、広告を出していたら、100万円売り上げても、数万円しか利益にならないわけです。

 ここも、広告を出すのに積極的になれないところです。

 それでも、広告出稿も研究生の課題に出るでしょうから、おさえておきたいことを書いておきます。

 ■ 30クリックされたところで1つ売れるかが目安

 ■ 100クリックに1個が販売の目安

 ■ 赤字は出さないようにする。

 ほとんどアクセスのない広告は、費用もかからないので放置する。

 クリックをされているのに売れない広告は注意。
 ● 売れないキーワードを設定しているのではないか(除外キーワードの見直し)
 ● キーワードの範囲が広すぎる。
 ● 広告文の見直し(価格などを書いていないから無駄だクリックを呼んでしまう)

 などを見直すこと。 

 サイト評価

 サイト評価をしていただきました。

1.標品ページには、キャッチコピーを2行ほど入れる。
 ⇒見直してみます。キャッチコピーを入れていない商品ページも結構あることに気が付きました。

2.送料無料のバーは、商品画像まで見えないことがあるので一番上には表示しない。
 ⇒商品無料のバーはカートのアイテムの下でいいと思う。

3.SEOで上位表示がされない場合は、他の売れそうなキーワードを考える。
 ⇒競合が多い商品を選んでしまった場合は、そのページに出現するキーワードを調べてみる。
  検索されてなおかつ、競合が少ないキーワードがある可能性がある。
  たとえば、サイズや型番である。

4.トップページ以外のページは別のキーワードで上位表示されるようにする。各ページのキーワードが異なっても、Googleが関連するページだと判断してくれる。

 - ドロップシッピング, インターネットでビジネス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

焦るワーカー
もしもドロップシッピングで売るために

目次1 かなり以前に登録した商品が売れた!2 コスプレが思ったように売れない・・ …

google アナリティクス講習会で学んできたこと ①

 こんばんは、神谷です。  本日、日本アフィリエイト協議会の、講習で、Googl …

もしもドロップシッピングの利用者インタビュー
もしもドロップシッピングの利用者インタビューに紹介されました

目次1 もしもドロップシッピングで実績を出すとインタビューを受ける2 神谷さんの …

037ネットワーク
ショップできすぎくんの次 SIRUISの購入

目次1  ショップできすぎくんの30サイトでは足りない2  買うなら今でしょ!3 …

1023DSセミナー
6月にもしもドロップシッピングでゴールドになる ①

目次1  もしもドロップシッピングで、ゴールドクラス2  ドロップシッピングを初 …

あったかすっぽりケットショート
夏が終わったらすぐ毛布 もしもドロップシッピング

目次1  売れるのは、涼しくなってすぐ!!2  冬のアッタカグッズの準備  こん …

yahoo
本気でプロモーション広告をしてみる もしもドロップシッピング

目次1  ドロップシッピングでは避けて通れないプロモーション広告2  100クリ …

スマートフォンをする女性
売りたい商品は写真くらいは販売ページに載せよう/もしもドロップシッピングで売上100万円を目指す講座

目次1 サムネイル画像はクリックされない2 商品の決算ページに画像を載せよう 3 …

ビジネスシーン
『もしも落ちこぼれが社長になったら…』実藤 裕史

目次1 ドロップシッピングのノウハウ本ではない 2 この本から学ぶことは何か?2 …

困る男
プロモーション広告で赤字が出た! 継続すべきか もしもドロップシッピング

目次1  売れたけど、赤字だぁ~2  クリック単価が安い商品を扱う3  利益が出 …