ビジネス書、お金に関する本、ネットビジネスの技術系の本や教材を紹介します。

ビジネス 勉強堂

仕事術

パートナーの選び方 『あなたの悩みが世界を救う!』 神田昌典

投稿日:

こんにちは、神谷です。

神田昌典氏の『あなたの悩みが世界を救う!』の詳細を紹介してきます。

神田昌典氏への質問

質問

起業に関して、否定的な言葉しか言わない彼女とは、別れたほうがいいのでしょうか?

現在付き合っている彼女が、私の行動に対して、かなり辛口なのです。起業したいと言った途端、「バッカじゃないの」とか「どうせ、ムダなんじゃないの」といった否定的な言葉を口にして、少しでも、企業を思いとどまらせようとしてくるのです。彼女は転職して、安定した職業に就いて欲しいと考えているようです。でも、僕は起業して、自分自身を試してみたいと考えています。こういう、自分の行動に水を差す相手とは、関係を清算したほうがいいのでしょうか。

起業しようという時は、パートナーの応援が必須ですね。

こんな風なパートナーといたら、まず起業はムリだと思うのですが、神田昌典氏はどのように答えるのでしょうか。

回答:別れたほうがいい。

一刀両断に、神田昌典氏は回答しています。

それも、彼女の「バッカじゃないの」とか「どうせ、ムダなんじゃないの」という言葉遣いに言及しています。

もしちゃんと質問者のことを考えているのなら、言葉もちゃんと選ぶ、このような言葉遣いをする人は、考えも浅いことが多い。

仮に企業が成功すれば、分け前にあずかろうとして、質問者を翻弄するというのです。

言葉って、その人の心を映してしまいますね。

言葉を大事にするという事は、知性を磨くことになるのかもしれませんね。

こんなことも書いてあります。

引用しますね。

私は、1万人を超える様々なビジネス関係者と会ってきたけど、できる男性の経営者の陰には、必ずできる女性がいる。

男性経営者なんて、女性の掌の上で転がされているようなもの。

なんとなくですが分かります。かかあ天下な夫婦

「女性の掌の上で転がされている」なんて、屈辱的な感じですが、これがけっこういいのかもしれませんね。

事業が危機に陥った時

ちょっと、感動的な話が載っていたので、そこも引用したいと思います。

国際チェーンストア・ヤオハン創業者の和田一夫さんが、私に涙を流しながら、語ってくれたことがある。ヤオハンが1997年に倒産したときの話だ。

グループ年商500億円の会社オーナーが一文なしになったとき、奥様は、和田一夫さんになんと言ったか?

「私は八百屋の妻になったのです。ですから2人でもう一度、八百屋をやれば済むことじゃないですか・・・」

書いていても、泣けるセリフですね。

こんなパートナーを探しに行きましょうね。

ただ、まずは、自分もこんなパートナーにふさわしい人物にならなくてはいけませんが。

 ご購入の際はこちらからどうぞ。

-仕事術
-

Copyright© ビジネス 勉強堂 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.