ビジネス書、お金に関する本、ネットビジネスの技術系の本や教材を紹介します。

ビジネス 勉強堂

ドロップシッピング

プロモーション広告で赤字が出た! 継続すべきか もしもドロップシッピング

 おはようございます。

 神谷です。

 売れたけど、赤字だぁ~

困る男

 現在、ある商品を「ドロップシッピングで必ず売る」というテーマで、活動していますが、2個のご注文をいただきました。

 テストとしては成功。

① 求められる商品を選んで

② それなりの見栄えのいいページを作って
 ※これはショップできすぎくんを使えばすぐにできます。

③ プロモーション広告で集客する

 これをやれば必ず売れるのです。

 それを証明しました。

 ①は難しそうですが、もしもドロップシッピングで、今まさに複数売れた商品を扱えばいいのです。

 今回は、テストですので、これで一応の成功となったわけですが、ここに一つの、それも大きな問題が。

 そう、

 「赤字」

 なんです。

 ③の集客に、利益の1.5倍のコストがかかっています。

 これでは、ビジネスとしては成り立ちません。

 ということでこれからはかなり難しい課題となりますが、

 「利益を出す」

 ということが大きなテーマになります。

 SEOで売ればいいのですが、SEO話は別の機会に。

 とにかく、プロモーションでどうやって利益を出そうという事です。

 クリック単価が安い商品を扱う

 そう、だったら、クリック単価が安い商品を扱えばいいじゃないか・・・といいますが、これはこれで難しい。

 なぜなら、クリック単価が低いということは、あんまり人が注目していないという事。

 つまり、

 「売れない」

 のです。

 この場合は、あんまりクリックが無いけど、いつかは売れるかもしれないという商品を大量に扱う事。

 10や20ではありません、300や500商品は扱うという事です。

 これは、商品選びにかなり消耗します。

 とにかく商品選びをガンバリましょう。

 利益が出るまで売る

014247

 もう一つが、「利益が出るまでガンバル」という方法です。

 理屈では分かっていたのですが、今回実感したことがあります。

 プロモーション広告でたくさんクリックされると、広告品質が上がっていくという事。

 つまり、クリック単価が安くなるのです。

 現時点では、自分が提示した金額の半分くらいになっています。

 たくさんクリックされる、よい広告だというyahoo!の判断ですね。

 だから、これからも売れ続ける商品だという自信があれば、コストは下がっていくので、損益分岐点を超えるまでがんばるという事です。

 しびれますねぇ・・・・。

 今回は、後者の戦術を使うことにしました。

 なんか、プロモーションジャンキーになってきてしまったかも・・・

 
⇒ もしもちゃれんじ

-ドロップシッピング

Copyright© ビジネス 勉強堂 , 2021 All Rights Reserved.