ビジネス 勉強堂

ビジネス書、お金に関する本、ネットビジネスの技術系の本や教材を紹介します。

*

選択肢はたくさんあった方がいいのか / 『エンゼルバンク 8』 三田紀房

      2016/09/25

 こんばんは、神谷です。

道路標示

 選択肢はたくさんあればいいというわけではない。

 ネットショップなどを開くときに、お客様に選択肢を与えた方が喜んでもらえると思って、たくさんの種類をショップに出す。

 たとえば、ウォーキングシューズなど、たくさんの種類があるので、すべて羅列する。

 本当にこれでよいのでしょうか?

エンゼルバンク ドラゴン桜外伝(8) (モーニングKC)にそのヒントがありました。

 人間の選択は、天才、凡人の区別なく、「7種類」までが正常な比較ができるということです。

 これが、8種類になると、比較があいまいになるのです。

 ということは、8種類を超えると、もう比較が嫌になって楽しめなくなるということなのですね。

 個人的には、7種類で限界ということは、5種類くらいに絞った方がいいのではないかと思いうのです。

 ショップの店主がここまで絞った限定商品です。

 『お客様は、この5種類からお選びください。』

 こんなふうに進めるのがよいみたいです。

 コスプレなどの種類が多いものは、店主側がある程度テーマわけして、

 たとえば、

■ 面白サンタ

■  かっこいいサンタ

■  セクシーサンタ

■  緑のサンタ

 などと、分けておいて、それぞれの選択肢を7つ以下、5つくらいにするといいのじゃないでしょうか。

 ショップの客単価を上げるには

 次は、エンゼルバンク ドラゴン桜外伝(10) (モーニングKC)からです。

 良く、商品には、松、竹、梅とランクの違ったものをそろえていることが多いですね。

 そして、一番売れるのは「竹」。

 これは、日本人の心理なのです。

 そして、「竹」の値段は「松」によってあげることができます。

 例えば、同じ種類で同じような値段の商品を並べると、たぶん、その中でも、中間の値段のものが多く売れることになるのでしょう。

 ということは、ショップの品ぞろえをする時、「こんなのネットショップじゃ売れないでしょう」と思うような「松」はラインナップに入れるべきなんですね。

 そうすれば、「竹」の価格が高いものが売れることになります。

 品物のラインナップをそろえるときに参考にしていただけたらと思います。

 注意ですが、これは、本の受け売りを紹介したので、私自身では実験していません。

 これからのショップには、これを意識するようにするつもりです。

 - 仕事術, インターネットでビジネス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
『夢をかなえる手帳・メモの技術』岡崎太郎 / 手帳を夢を叶えるツールにしよう

『夢をかなえる手帳・メモの技術』  おはようございます。  神谷です。  手帳を …

no image
ショップ運営入門講座 3日目

 おはようございます。  神谷です。  もしもビギナーズ倶楽部の宮川さん主催のシ …

no image
google アナリティクス講習会で学んできたこと ②

目次1  激安と格安2  販売終了、または旧商品のページは3  クリックされやす …

no image
ネットで売り上げを伸ばすために 『ネットで売れるもの売れないもの』 竹内謙礼

こんにちは。神谷です。 ネットビジネスの商品選びには 『ネットで売れるもの、売れ …

no image
ネットビジネス日記 / SEOが五里霧中

目次1 1.朝2 2.昼3 3.夜4 4.総括 夜に早く寝ると、4:00起きが辛 …

no image
『必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア”の極意』 コグレマサト,するぷ Ⅰ

『必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア” …

悩むビジネスマン
ビジネスの最初は「質」よりも「量」だ

目次1 ドロップシッピングも最初は”質”よりも”量”だ2  人は、「行動」を選択 …

ひらめく
ネットビジネスをやっていると脳が老けない 『ホンマでっか!?TV』を見て

目次1  連想することが脳を老けさせない2  ネットビジネスは、常に連想  おは …

no image
ネットビジネス日記 / やりたいことは多いのに進まないのは

目次1 □ ブログ2 □ アフィリエイト3 □ ドロップシッピング4 ◆ 今日の …

no image
どろっぷしっぴんぐ研究所 研究生 2014年1月の対面講座備忘録 / ネットビジネス日記

目次1  ショップできすぎくんについて2  キーワード広告について  おはようご …